猿田泰寛saruta yasuhiro オフィシャルWEB

今回2度目となる高校生の吹奏楽部との共演。
しかも曲はラフマニノフのピアノコンチェルト第2番だ。
この壮大でロマンティックな名曲を吹奏楽でどのように演奏するのか
楽しみでありながらも不安な気持ちもあった。
しかもリハーサルはコンサート前日の1回だけ。
テンポルバート(テンポやリズムを揺らすこと)の多いこの曲を前日のリハだけで
高校生は対処出来るのだろうか・・・
そういった色々な不安を抱きながらもリハはスタート。
しかしながら、僕の音楽的な要求を快く受け入れてくれ、みるみるうちに
曲は形になった!
お見事!!
本番はリハ以上にピアノと上手く絡み合い、音楽的にも一番良い出来だった♪
原曲のオーケストラでは弦の壮大な唸りが魅力でもあるこの曲も
吹奏楽という珍しいアレンジでもなかなか自然に響いていたように思う。
それはアレンジ力の素晴らしさと、何よりも質の高い演奏をした高校生の
みんなの力であった事は間違いない。
楽しい共演が出来、今回も本当に幸せだった!

打ち上げでは総勢70名以上の部員のみんなと共に楽しいひと時を過ごした。
目がチカチカする蛍光黄緑色のTシャツ軍団はアルコールも入っていないのに
テンションが高く、元気で素直な子ばかり!
音楽を通じてこのような感動を分かち合う友がいて、また切磋琢磨し合える
仲間がいる事を羨ましく思いながらも、その素晴らしさを少し味わわせて
もらった事も本当に嬉しかった!

深沢先生をはじめ、顧問の先生方もとても良い方ばかりで本当によくして頂き、
ありがとうございました!