猿田泰寛saruta yasuhiro オフィシャルWEB

光栄にもこんな素晴らしい室内楽団との共演の話が入った。オーケストラとの共演に引き続き、もの凄いプレッシャーに襲われた。リハーサルはコンサート数日前に東京・池袋の芸術劇場で行われた。小耳に挟んだ話では、チェコの人たちはその国民性から閉鎖的で厳しい、との事・・・。しかしながらリハーサルは和やかに進められ、とても気分良く終える事が出来た。コンサート当日もなんとか大きな問題もなく無事演奏が終了した。コンサート後、彼らが僕にプレゼントをくれた。「僕らのことを忘れないで欲しい」と、チェコにゆかりの品々(CDや絵など)だった。こんな凄いプレーヤーでもそんな温かいことが出来るなんて・・・、とその謙虚さと温かさに心打たれた。これも今までピアノをやって来て良かった!と思えた幸せなコンサートだった。